本文へスキップ

お客様の「ホームドクター」税理士法人横須賀・久保田のHPです。| 東京都千代田区岩本町(神田駅、岩本町駅、小伝馬町、秋葉原駅より徒歩すぐ)

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

独立を考えている人へ

ホーム税について調べる独立開業目次 > 個人形態か会社形態(株式会社)か

個人形態か会社形態(株式会社)か

事業を始めるのに必ず会社が必要というわけではありません。実際、個人として事業を行い、確定申告をしている方も大勢いらっしゃいます。そこで事業を興すことが決まったらまず事業形態を選択する必要があります。
具体的には、まず個人事業とするか、会社形態とするかを選択することになります。
個人事業と会社形態の一般的なメリット、デメリットは以下のとおりです。

項目 個人事業 会社形態
対外的信用力 個人よりは強
資金調達力 個人よりは強
人材確保 個人よりは強
責任リスク 無限 基本的に有限(個人保証をしている場合は無限)
運営上の負担
事業開始手続き 容易 煩雑
設立資金 特になし 資本金+設立費用
登記手続 不要 定期的に必要
記帳 簡易な方法も可 慣れるまで時間要

より具体的に税金面から比較してみます。

項 目 内 容 個人事業
(青色申告)
会社形態
所得 本業 所得の種類毎に計算 トータルで計算
本業以外(配当・不動産等) 同上
経費 経営者への給与 経営者への給与はなし
(親族分は要届出)
経営者への給与支給可
交際費 全額経費 一部が損金にならない
(FAXNEWS YF-00675) ※
家賃 事業用部分のみ経費 同左
支払保険料 保険料控除 全額損金になる場合もあり
社会保険料
(公的保険の基礎知識参照)
所得控除 個人と法人で半分ずつ負担し、法人負担分は全額損金
減価償却 強制 任意
損失 損失の繰越 3年 10年(FAXNEWS YF-00739)
税率 所得税率と法人税率 所得に応じて増減(5.105%〜45.945%)復興税(所得税の2.1%)を含む。 基本税率23.4%(軽減税率15%)
消費税 納税義務(消費税の基礎知識参照) 最初1年目は納税不要(選択可)
2年目は特定期間の売上等により判定
資本金1000万円以上の会社は設立直後から納税義務あり。ただし1000万円未満であっても一定の場合は納税義務あり。

 ※出資者の資本金等が5億円以上の法人等で、出資割合が100%の場合を除く。

上記のように両者にはそれぞれメリット、デメリットがありますので、一概にどちらが有利と結論づけることはできませんが、社会的信用力を得て事業を展開し、一層の飛躍を図るには会社形態の方が有利です。

なお、会社法の下では、会社は株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の4種類に分かれます。

4種類の主な異動点は以下の通りです。

 
株式会社 持分会社
合名会社 合資会社 合同会社
出資者の責任と人数 有限責任
1名以上
無限責任社員
1名以上
有限責任社員、
無限責任社員
それぞれ1名以上
有限責任社員
1名以上
出資財産 金銭その他
(1円でも可)
金銭、労務、信用その他
(1円でも可)
有限責任社員は金銭その他、無限責任社員は労務、信用でも可(1円でも可) 金銭その他
(1円でも可)
代表者 代表取締役 原則として各社員 原則として各社員 原則として各社員
定款認証 必要 不要 不要 不要

以下、株式会社を中心に解説していきます。

税負担面でどちらが有利かを知りたい場合には、具体的に以下の点をお知らせください。おおよその判断をさせていただきます。

・予想(または現在の)売上
・予想(または現在の)経費
・法人化する場合の予定資本金
・法人化する場合の代表者給与
・配偶者控除適用の有無、扶養家族の人数
・社会保険料の額
・業種
・事業以外の収入の有無
・資金調達方法

[平成29年12月15日現在法令等]

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ

  

税理士法人横須賀・久保田

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796

横須賀グループHP

横須賀グループ総合案内

横須賀不動産鑑定事務所

リンク

クラウド会計ソフトfreeeフリー

会計ソフト「MFクラウド会計」

日本最大級のQ&Aサイト  質問するならOKWave
専門家として登録しています!