本文へスキップ

お客様の「ホームドクター」税理士法人横須賀・久保田のHPです。| 東京都千代田区岩本町(神田駅、岩本町駅、小伝馬町、秋葉原駅より徒歩すぐ)

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

組織再編税制Corporate Reorganization Taxation System

ホーム税について調べる企業組織再編 > 企業組織再編の方法と事例

企業組織再編の方法と事例

(1)事業部門の分離(分社型分割)

会社AのY事業部門を新会社Bに移転し、新会社Bは会社Aに株式を割り当てます。

(2)企業グループの100%子会社化(三角合併)

子会社B社はC社を吸収合併し、乙株主に親会社A社株式を交付します。

(3)債務超過会社の整理(合併)

含み益のある子会社を吸収合併し、債務超過を解消します。

(4)不動産部門の整理(分社型分割)

親会社Aは、含み損を抱える不動産部門を切り放し、新会社Bの整理を行います。

(5)持株会社と事業会社に分離(分社型分割)

会社Aは、X事業部門を新子会社Bに、Y事業部門を新子会社Cに移転し持株会社となります。

(6)持株会社の設立(株式移転)

甲及び乙は、その保有するA社及びB社株式を新持株会社Cに拠出し、そのかわりにC社から株式の割当を受けます。

(7)持株会社を活用した組織再編(分社型分割と株式交換)

親会社は、会社分割により新子会社Dに事業部門を移転し、持株会社となります。
持株会社Aは、甲株主の子会社B株式と自社株式(増資)で株式交換します。

(8)事業承継対策(分社型分割)

兄弟共有会社から兄単独会社と弟単独会社へ分離します。

(9)スピンオフ(分割型分割)

支配株主がいない一の法人が分割により新たな法人を新設します(平成29年4月1日以後適用)。

(10)スクイーズアウト(株式交換)

完全子法人化するために少数株主から株式を取得します(平成29年10月1日以後適用)。

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ

  

税理士法人横須賀・久保田

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796

横須賀グループHP

横須賀グループ総合案内

横須賀不動産鑑定事務所

リンク

クラウド会計ソフトfreeeフリー

会計ソフト「MFクラウド会計」

日本最大級のQ&Aサイト  質問するならOKWave
専門家として登録しています!